ピアノの運送依頼する場合の注意点
(これからピアノの運送・運搬・移動・引っ越しをされる方は、是非お読みいただければと思います)

ピアノの運送を依頼する時の、注意事項

ピアノの運送のご依頼には、さまざまな追加費用がかかることも・・・

まずはお引っ越しやご実家などからピアノの運送をされる時、運んでもらう事だけを考えて依頼されると思わぬ出費があるかもしれません。ピアノの運搬はピアノが入るかどうかや費用、またどのような運搬業者なのかなども重要です。ただ次々と費用がかかってしまう事もあるので、後悔されないように是非この後のPoint2をお読みください。当社にもよくお悩みになられていたり、本当に困られてのご相談をいただきます。また他にも調律ご依頼で伺ったお客様から、お話をしている中で前に引っ越しの時に・・・お聞きする事もよくあります。

今までにご相談いただいたりお聞きしたケース

1、ピアノを引き取りにこられた運送の方から内部にカビがあったり弦のサビ、ピアノの汚れや内部のホコリなどがあるとピアノの掃除やクリーニングなどをすすめられる事があります。そしてこれから移動する途中で作業させてもらう事で、移動途中にピアノを工房に入れてクリーニングできるので、運送費が余分にかかることがありませんなどを言われることが多いようです。費用はクリーニングと調律で6〜7万円くらいが多いようです。ご相談いただいた方やお話をお聞きした方は引き取りの少しの時間の間で判断を求められる形になり、カビがあるなら・新築にホコリを持っていくのは・リビングに置くので見た目もきれいになるならと思われて頼まれたとの事でした。まず早い段階で当社にご相談があるのはこの時点で、クリーニングの費用などを調べられてのご相談が多いです。

2、その後よくあるのが運送業者からピアノを持って帰って数日してからの連絡か、もしくはクリーニングが終わってピアノを搬入した後の調律に来られた調律師から、ピアノの部品交換や修理などが必要という話がある事も多いようです。ピアノを引き取りする作業員は調律師ではないので、当然ピアノの内部のことは全くわからない運ぶ専門の方です。ピアノの内部は全くわからないので、引き取りの時にはクリーニングのみ提案されるようです。そして工房でクリーニング作業の時にピアノの内部の分かる方がクリーニング作業する場合は、その時点で連絡があるようです。クリーニングをしていて内部を確認したら・・・といった感じで話があるようです。この時点で当社にご相談いただく場合もあります。みなさんどなたも、クリーニングを頼んで費用が予定よりかかっているのにさらに費用がかかることと、これだけ費用をかけて内部の状態が悪いままはと思われて頼むしかないのかと、この時点ではかなり深刻に悩まれてご相談にこられます。

違うパターンとしてクリーニングの時点での作業員が、ピアノの内部を分からないクリーニング専門の作業の方の場合は工房にある時点でも内部の部品交換などの話はありません。クリーニングが完了しピアノがご自宅に搬入された後にこられる調律師から初めて部品交換や修理の話がされる事があるようです。このタイミングになると他に相談もできずそのまま頼まれる事が多いようです。この時点で当社にご相談いただく場合もあります。調律師には検討されると伝えてご相談のご連絡をいただくようです。もちろん年数が経っていて本当に必要なメンテナンスの場合もあるかもしれないですが・・・。このタイミングでご相談いただく方はみなさん、もし最初の時点でわかっていればピアノの移動をする事を考え直したり、他にも相談してじっくり検討したと皆さん後悔されていました。そして結果的に数十万円になったと、お話いただいた方もたくさんおられました。

この内容がなるべくたくさんの方の目にとまり、これからピアノをご移動されるお客様のご参考になれば幸いです。

 

運送依頼する場合の注意点

  • とりあえずピアノを運んで他は移動してから考えるのではなく、運送以外の可能性も考えて検討されることをお勧めします
  • クリーニングや修理に関してはピアノの状態はもちろん、これからのご使用方法や設置場所などを含め検討されることをお勧めします
  • 年代物のピアノや、置いたままにしているピアノや、長年使用していないピアノは特にご注意ください
  • お引き取り時など短い時間での判断となり、正しい判断が難しいケースもあるようです
  • 最後に修理や部品交換が必要と言われ、直すしかないのかなと思われるかもしれませんがまだご検討できるかもしれませんので下記の解決方法をご覧ください
  • 設置具は設置場所が変わるときや、破損などで交換が必要になるので事前に確認されることをお勧めします

運送時に依頼をしてしまったが悩んでいる場合(解決方法)

 

・まずはすぐにその業者に連絡されて、依頼を保留にし作業をしないようお願いしてください(同日中であれば、ほぼ大丈夫な場合が多いです。翌日以降になると難しい場合があるので少しでも悩まれている場合はすぐにご連絡されることをお勧めします。)
・次に無事作業に入る前に依頼を保留できれば、他の業者などに相談をして本当に必要なのかや金額などが妥当なのかなどきちんと調べられることをお勧めします。

もし可能であれば最初の運送業者に作業内容の詳細や、料金内訳など詳しく聞かれるかお見積書を頂かれると分かりやすいかと思います。

ご依頼前に事前によく検討されるのが一番ですが、もしご依頼後でもその時の状況によってまだ間に合う事もありますのでご参考にしていただけると幸いです。

 

クリーニングは終わっていて調律時かその前に修理などを言われ悩んでいる場合(解決方法

 

・まずは必要だと言われている修理や部品交換の内容(名称)と費用を、詳しくしっかり聞いていただくかお見積書をもらわれると良いかと思います。
・次に一度検討しますと伝え、その内容をもって他の調律師や業者に相談されてご検討されることをお勧めします。

ご検討されて作業内容がご自身に必要なもので、費用が妥当であればそのままご依頼されるのも良いですし、他に良いところが見つかればピアノ納品前であれば納品だけしてもらい、修理などは別でされると良いかと思います。

 

注意点に記載した設置具について(解決方法)

 

・運送を頼まれた時によくある追加費用として多いのが、設置具です。
ピアノは床と接するのが基本的にキャスターという金属の部品になります。この設置具はフローリングや畳などで使用するタイプが違います。アップライトピアノで250Kgくらい、グランドピアノでは500Kgからの重さがその設置具に長い年数かかっています。そのため設置具が使用できない状態になっていたり、交換を検討する時期になっていたりする事もあります。元々の設置具が移動先でピアノを設置する時に使用ができない状態であったり、交換しないといけない状態の場合に、その場では運送業者から購入するしかなくそれなりに高額な設置具を定価で購入せざるおえなくなります。

そうならないためにも、事前に今の設置具が次の設置場所で使えるタイプなのかや、交換する必要があるのかなど事前に調べておかれると良いのではないかと思います。

 

お電話でのお問合せはこちら

0774-26-5688
受付時間
9:00~21:00
定休日
不定休

お気軽にお問合せください。

関連するページのご紹介

こちらのページを読んだ方には、下記のページもよく読まれています。ぜひご一読ください。
 

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・お申し込み

0774-26-5688

<受付時間>
9:00~21:00
※不定休

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2021/09/15
ホームページをリニューアルしました

ピアノアトリエRest

住所

〒611-0041
京都府宇治市槇島町吹前107-14

アクセス

近鉄小倉駅から車10分/駐車場:有り

受付時間

9:00~21:00

定休日

不定休